2016年04月08日

水島新司マンガストリート

とある用件で新潟へ行くことになった。別に行く日はいつでもよかったので、どうせなら野球観戦と絡めたい。そこでハードオフエコスタジアムでBCリーグの行われる4月9日に照準を合わせる。野球観戦だけならば日帰りでもいいが、とある用件をこなすために前日の4月8日に上越新幹線で新潟へ。

新潟駅1新潟駅2


さっそくとある用件を済ませたあとは、新潟市街を散策。新潟の中心街は、新潟駅からだと信濃川の渡った先にある古町というところ。

ということで信濃川に掛かる万代橋を渡る。万代橋というと野球漫画の「あぶさん」によく出て来た印象が強い。

萬代橋1萬代橋2萬代橋3


橋を渡った場所には「新潟ブルース」の歌碑が。そういえば「あぶさん」に「新潟ブルース」というタイトルが付いた回があったっけ。

新潟ブルース歌碑


さて、その「あぶさん」の作者は水島新司。そのマンガのキャラクターの銅像が新潟にあるということをふと思い出した。そこでスマホで調べてみたら、ちょうどこれから向かう古町にあるらしい。

そういえば昨年こんなニュースを見たけど、今年無事に存続が決まったようだ。

水島新司マンガストリート↑


その場所は古町5番町というアーケード街に。

ふるまちモール5


アーケードに入ると、さっそく「あぶさん」がお出迎え。

あぶさん1あぶさん2


ユニフォームはソフトバンクではなくてダイエーなので、2004年以前に制作されたものだと思われる。と思って調べてみたら、2002年に中心市街地活性化策として「古町通5番町商店街振興組合」などが、国と県から700万円ずつ、市から630万円の補助を受けて計2100万円で設置したものらしい。

あぶさん3


なんかあんまり顔が似てないな。

あぶさん4


袖に着いたハリーホークも、なんとなくテキトーなような?

あぶさん5


続いてのお出迎えは「野球狂の詩」の水原勇気。

水原勇気1水原勇気2

水原勇気3水原勇気4


そしてその向かい側には、「ドカベン」の里中智が。

里中智1里中智2


里中智3里中智4


そして4体目には「ドカベン」主人公の山田太郎が登場。

山田太郎1山田太郎2

山田太郎3山田太郎4


5体目は「野球狂の詩」の岩田鉄五郎。

岩田鉄五郎1岩田鉄五郎2


岩田鉄五郎3岩田鉄五郎4


6体目は「ドカベン」の殿馬一人。

殿馬一人1殿馬一人2

殿馬一人3殿馬一人4


そして最後に「ドカベン」の岩鬼正美。

岩鬼正美1岩鬼正美2

岩鬼正美3岩鬼正美4


なお、咥えてる葉っぱはイタズラ防止のために着脱式になっていて、夜間は外しているらしい。

岩鬼正美5


これでアーケード街も終了。

ふりまちモール5


さて、ここでたまたま以下の案内を発見。そこでついでに行ってみることに。

マンガの家→


これは新潟市が2012年に計画した「マンガ・アニメを活用したまちづくり構想」に基づき、新潟のマンガ・アニメ文化を次世代に継承・発展・発信を目的に、2013年3月31日に開設した施設だそうである。

マンガの家


観覧料は無料。

開館時間等


館内のもようはこんな感じであった。

イヤミついでにとんちんかんパタリロ


奇面組
  
Posted by daramu at 00:00Comments(0)TrackBack(0)野球雑記 

2016年03月24日

山下達郎「PERFORMANCE 2015-2016」(NHKホール)

山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016


恒例の山下達郎のツアーへ。4月20日の岩手振替公演をもって今回のツアーが全て終了したのでネタバレ解禁。

さて、前回はツアー初日の参加だったが、今回は全64公演中の57本目という終盤への参加。ちなみにぴあに申し込んだのが昨年の7月22日だったから、それから8ヶ月も待っていたわけだ。

NHKホールは2010年9月29日以来の訪問。

NHKホール


入場時には前回同様本人確認が。ただし前回と違ったのは、単に免許証などの確認があっただけでリストバンドの配布が無かったこと。

ロビーには放送局などから贈られた花が。

花1花2花3


そして入口脇にはタレントからの花も。

花4花5


前回来た時には気付かなかったけど、NHKホールの1/100スケールの模型が置いてあった。

模型


開演は18時37分頃。セットリストは以下の通り(たぶん)。

1.SPARKLE
2.DAYDREAM
3.Windy Lady
4.Down Town
5.土曜日の恋人
6.Endless Game
7.風の回廊
8.すてきなメロディー
9.過ぎ去りし日々”60’s Dream”
10.Can’t Take My Eyes Off You
11.DANCER
12.Chapel of Dreams(アカペラ)
13.おやすみ、ロージー -Angel Babyへのオマージュ-(アカペラ)
14.ANGEL(アカペラ)
15.WHITE CHRISTMAS〜クリスマス・イブ
16.希望という名の光
17.さよなら夏の日
18.SUGAR
19.BOMBER
20.LET’S DANCE BABY
21.アトムの子

<アンコール>
22.HAPPY HAPPY GREETING
23.Ride On Time
24.いつか(SOMEDAY)
25.恋のブギ・ウギ・トレイン
26.一本の音楽
27.YOUR EYES(アカペラ)


終演は21時55分頃。今回も3時間超のステージであった。

以下、簡単にメモ書き。

●「土曜日の恋人」は今回のツアーで生まれて初めて人前で演奏したとのこと。

●最近の日本の音楽界は空前のカバーブーム。どうせカバーするなら人知れぬ隠れた名曲を発掘してほしい。という言葉の後に歌ったのは、誰もが知る超有名曲の「Can’t Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」。単に一度歌ってみかたったそうである。

●今回も曲の途中で大滝詠一の曲を一節をいくつか挿入。その中には「熱き心に」も。

●今年2月22日に亡くなった村田和人の「一本の音楽」は、アコースティックギター1本での弾き語り。もう亡くなってから1ヶ月経ってしまったが、レパートリーから外さずに演奏してくれた。  
Posted by daramu at 00:00Comments(0)TrackBack(0)音楽 

2016年02月26日

居酒屋 あぶさん

居酒屋あぶさん1居酒屋あぶさん2


久しぶりに四谷三丁目の「居酒屋あぶさん」へ。この店に来たのは、たぶん15年ぶりくらいではないだろうか。

居酒屋あぶさん3


出された小皿と箸袋には、昔と変わらずに景浦安武のイラストが。ただし小皿に©水島新司というクレジットが入っていた。これは以前来た時には無かったんじゃないかな。

小皿と箸袋


まずはお通しとして枝豆が登場。

えだまめ


メニューはこちら。

ドリンクメニューフードメニュー


店内のようす。もうオープンして30年くらい経つと思うが、この店は「野球居酒屋」としてはたぶん日本初ではないだろうか。そもそもその頃はまだ日本にはスポーツバーさえも無かったんじゃないかね?

店内店内2


個人的に気になったのは天井に掲げられた秋山のボード。平和台は横書きだったから大阪球場のものかなと思って店員に確認してみると正解であった。

秋山


以下、注文品の画像を羅列。オーナーの地元が宮崎県だそうなので、「チキン南蛮」や「宮崎地鶏のタタキ」などがメニューに有る。

あぶさんサラダポテトサラダ揚げ出し豆腐


ホルモン辛いためししゃもチキン南蛮



玉子焼きキャベツのお焼じゃがバタースパム



レバニラもやしいため羅生門直送 キムチ宮崎地鶏のタタキ


ウィンナーころも揚げやきうどん


店内に置いてあった気になるものその2。

こちらは阪急ブレーブスのヘルメット。

阪急ヘルメット


そして近鉄バファローズのヘルメット。これは庇に20と書いてあるから仲根正広のものであろう。

近鉄ヘルメット


マスターはオリックス福良監督の延岡工の先輩にあたるようで、現在は「オリックス推し」とのこと。そのため店内でこのDVD(たぶん)を流していた。しかしその映像を見て改めて思ったのは、60年代〜70年代のパリーグの試合は客が全然入ってないこと。まるで無観客試合のようであった。

70年代の半ばだと一応私もリアルタイムで知ってはいたが、当時のパ・リーグ(特に西日本での試合)は新聞とか雑誌とかの紙媒体でしか接する機会が無かったので、映像なんてほとんど見る機会が無かったからなぁ。

3時間半ほどの滞在で、会計は4人で1万7千円くらいであった。  
Posted by daramu at 00:00Comments(0)TrackBack(0)野球雑記 

2016年01月04日

特別展「GO!GO!NIAGARA―大瀧詠一の世界―」(瑞穂町郷土資料館)

特別展「GO!GO!NIAGARA―大瀧詠一の世界―」

瑞穂町郷土資料館において、2015年11月17日(火)〜2016年1月24日(日)の会期で「GO!GO!NIAGARA―大瀧詠一の世界―」という特別展が開催されているので行ってみることに。

最寄駅は八高線の箱根ヶ崎。この時に来て以来、約2年ぶりの下車である。


箱根ヶ崎駅1箱根ヶ崎駅2


駅からは徒歩15分ほどで到着。思っていたよりも近かった。

瑞穂町郷土資料館1瑞穂町郷土資料館2


ちなみにすぐ前には西武バスのバス停が。

駒形富士山


ただしこの運行時刻では、資料館の訪問にはほとんど役に立たないだろう。

運転系統図時刻表


では館内へ。入館は無料。

開館中各種案内


入口はこちら。ずいぶん新しい建物だと思ったら、一昨年11月に瑞穂町図書館の3階から移転したものだそうだ。そういえば2年前に図書館に行った時に、そんなスペースが有ったような。

入口大瀧詠一の世界


入館時に入手したチラシ類。特別展示は1階と2階に。

チラシ類


1階の特別展入口。

特別展入口


特別展は撮影禁止なので、代わりに以下のチラシを参照。

展示物チラシ(表)展示物チラシ(裏)


また、YouTubeのニュース動画も。



ジュークボックス、リッケンバッカー、ナイアガラ・ムーンのシャツは過去に見たことのあるものだったが、12弦ギターやDJ用ターンテーブルや手形は今回初めて見た。しかし手形は何のために取ったものだろう?

続いて2階へ。

↑2F


こちらは「大瀧詠一さんを語る会」による展示のもよう。主にレコードやCDが置かれていた。

大瀧詠一さんを語る会展示コーナー1大瀧詠一さんを語る会展示コーナー2


そしてこちらに「東京瑞穂通信」というミニコミ誌のコピーがあったので、1部ずつ頂く。

ナイアガラ町内会


2階では特別展に併せて「写真で見る同時代の瑞穂」という展示も。

写真で見る同時代の瑞穂1写真で見る同時代の瑞穂2


ところで2階から1階を見下ろして気付いたが、床が瑞穂町の航空写真になってるんだな。

床


再び1階に下りて常設展示を。

常設展示


これは典型的な「武蔵野うどん」だ。

瑞穂のうどん


そして隣接する耕心館という建物へ。

耕心館1耕心館2耕心館3


こちらのカフェ内には「ナイアガラ・ムーン」40周年記念のTシャツやトートバッグが販売されていた。

カフェストーリアご案内
  
Posted by daramu at 00:00Comments(0)TrackBack(0)音楽 

2015年10月02日

ヤクルト−阪神(明治神宮野球場)

今年も神宮最終戦へ。これで神宮最終戦の観戦は、ついに四半世紀に亘る25年連続となった。

本日の予定


当初は10月1日に予定されていたこの最終戦。ヤクルトが優勝を争っていることに加え、前売発売時には阪神にも優勝のチャンスが充分にあったため既にチケットは完売していた。そこで半ば観戦を諦めていたところ、1日の試合が雨天中止になり予備日の10月2日に順延。当然チケットも売り直しである。そこでスワローズのサイトを見ると、2日のチケットは当日の午前9時から「スワチケ」で販売とのこと。そこで9時にサイトへアクセスし、無事にネット裏のB指定席を確保出来た。

さて、JRに乗って信濃町へ。駅構内にはこんなものが貼られていた。

信濃町駅


球場への道には信濃町商店振興会によるスワローズのバナーが。

信濃町商店振興会バナー


ちょっとスワローズショップに寄り道。

スワローズショップ


店内には「神宮球場最終決戦」の文字が。

最終決戦


店内に掲げられたスワローズのオーダーは昨年とは変えられていた。

スワローズオーダー


球場に着いた時点では、既に今日のチケットは完売。もしかしたらネットやオンライン販売だけで売切れたのかもしれない。

完売


まずは「QR Ticket Station」で予約したチケットを発券。

QR Ticket Stationチケット発券


内野のチケット売場の窓口が開いていたので何かと思ったら、前日のチケットの払い戻しをしているようだった。

チケット売場


ファンクラブコーナーを見ると、スワレージポイントによる景品が飾られていた。

SWALLOWS CREW景品1景品2


球場正面ではスワローズのチアガールがポーズを決めていたの撮影。

球場正面チアガール


球場正面に掲げられた東都とスワローズのバナー。

東都バナーヤクルトバナー


では球場内へ。入場時に以下の応援グッズを手渡された。

貰い物(表)貰い物(裏)


とりえあず食糧の確保へ。

売店


弁当のラインナップ。

弁当ラインナップ


この中から、面白みは無いが「鶏から&メンチかつ弁当」をチョイス。

鶏から&メンチかつ弁当弁当中身


本日のスタメン。

スタメン


プレイボール。

プレイボール


観客の入りは当然ながら満員。そのため、試合中ずっと席を動けなかった。

三塁側一塁側


これは今年、内野席の最上段に出来たテーブル付き4人掛けの「マイナビシート」。

マイナビシート


試合のほうはヤクルトが「スミ1」のまま逃げ切るかと思いきや、バーネットが既に引退を表明していた代打関本に同点打を緩し延長戦に。

スコアボード1スコアボード2


しかし11回裏、雄平がサヨナラ打を放ちリーグ優勝決定。時刻は22時2分。

サヨナラセ・リーグ優勝


生で胴上げを見るのは、1998年の西武以来だろうか?

胴上げファイナルスコア


真中監督の優勝インタビュー。若松監督ばりに、「ファンのみなさん、おめでとうございます」と応える。

真中監督インタビュー


ペナントの授与。

ペナント授与


記念撮影。

記念撮影


場内一周。

場内一周


そしていよいよグラウンド内でのビール掛けの準備が。

ビールかけ準備


球場内には、いつの間にかこんなお願いが貼られていた。

優勝決定時のお願い


記者会見のもよう。

記者会見


そしてようやく祝勝会が開始。この時点で23時を過ぎていた。

祝勝会


まずは堀オーナーのあいさつ。

オーナーあいさつ


ついにビール掛けがスタート。

スタート!


さすがに遅い時間になったので、ビール掛けが始まった直後に球場を後にした。

ヤクルト2x-1阪神
観衆:33986人、時間:4時間2分
○ロマン5勝5敗 ● 能見11勝13敗
本塁打−
  
Posted by daramu at 00:00Comments(0)TrackBack(0)生観戦 | ・2015年