2012年09月19日

札幌ドーム ドームツアー

札幌滞在2日目はドームツアーへ。これで「5大ドームツアー制覇」となった。

ドームツアー


今日も地下鉄に乗って札幌ドームへ。この日はあいにくの雨模様。

札幌ドーム


昨日は金子誠のバナーが釣り下がってたが、この日はファイターズとコンサドーレのバナーに入れ替わっていた。

バナー


ドームツアーの申し込みは、こちらの総合案内で。

総合案内1


この日もナイターの開催があるため、ドームツアーは10時〜12時の3回のみ。今回は11時の回に参加。

総合案内2ドームツアー


さっそく受付で申し込み。なお、団体以外は事前予約は無く全て当日の申し込みとなる。

受付


料金はドームツアーのみだと1000円、展望台との共通チケットだと1200円。今回は後者を選択。

料金


そして昨日航空機内で貰った冊子を利用して、1割引きの1080円にしてもらった。

パピリカ1パピリカ2


代金と引き換えに窓口で渡されたチケット、整理券、ドームガイド。

整理券等


こちらは本日のツアーコース。試合日なので、選手ロッカールームや監督室の見学は無し。

ツアーコース


それではドームツアーがスタート。平日ながら参加者数は思ったよりも多く約30名ほどで、その中には団体客も見受けられた。

まずはガイドに連れられて内野スタンドへ。カーテンを開けて外光を取り入れてはいたが、照明が最小限しか点けられてないのでちょっと薄暗い。

スタンドへ


こちらの三日月状の客席は、サッカー時に移動する可動席。

可動席


ネット裏前列のテーブル付きシート。

シート1シート2


こちらの黄色い部分は「スイートシート」という一般販売をしていない貴賓席。せめて内部を見せてほしかったなぁ。

貴賓席


こちらのガラスに書かれた地名は、「位置づけられた世界」というアート作品で、文字の位置は札幌を中心として見たその場所の方向を、文字の大きさは距離を表してるそうである。なお、背景の空が晴れてるのは、この画像は前日に撮ったから。

カナリヤ諸島


続いて一塁側のブルペンへ。

1塁側ブルペンブルペン


ブルペン内には旧人工芝を切り取ったものが。

旧人工芝


人工芝の裏側には、こんなクッションが付いていた。

裏側


これはスパイクの泥落としかね?

泥落とし?


続いて一塁側ダッグアウトへ。

一塁側ダッグアウト


ダッグアウトのベンチ。

ベンチ


ブルペンを映すモニター。

モニター


ホイワイトボード。

ホワイトボード


グラウンドルール。

グラウンドルール


記念撮影用に置いてあった稲葉のヘルメット。

稲葉ヘルメット


カメラマン席。

カメラマン席


続いて札幌ドームの最大の特色である「ホヴァリングシステム」について映像で紹介。

ホヴァリングシステム


このあとグラウンドを横断して三塁側ダッグアウトへ。見学ツアーでホーム側のダッグアウトへ入るのは珍しい。

三塁側ダッグアウト


そのあとフェンス沿いに歩いて外野方面へ。

移動


フィールドシートを間近で見る。

フィールドシート1フィールドシート2


フェンス。

フェンス


レフトポールを見上げる。

レフトポール


外野フェンス。

外野フェンス


外野からホーム方向を眺める。

外野フィールドから


バックスクリーン下の扉を通ってグラウンドの外へ。

扉


こちらがオープンアリーナをドーム内に引き込む時に開かれるムービングウォール。

ムービングウォール1


ムービングウォールを外側から見るとこんな感じ(前日撮影)。

ムービングウォール2


外野スタンド下には、こんなレールと車輪が。

レールと車輪


オープンアリーナを望む。

オープンアリーナ


これで約50分間のドームツアーは終了。

通路


このあと展望台の見学へは、「ローソンスカイボックスシート」のある通路を進む。ここは昨日入れなかったエリアだ。

ローソンスカイボックスシート


スカイボックスシートからの眺め。

スカイボックスシートからの眺め


飛行船。

飛行船


こんなところに記念写真コーナーがあった。

記念写真コーナー1記念写真コーナー2


それでは続いて展望台へ。

展望台→


Posted by daramu at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)野球場 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daramu/52135234