2015年05月13日

もりのみやキューズモールBASE(日生球場跡地)

京セラドームで観戦した翌日、日生球場の跡地に今年4月にオープンしたばかりの「もりのみやキューズモールBASE」へ行ってみた。

森ノ宮へは地下鉄に乗って到着。駅構内の地図を見てみると新施設の記載は無く、「日生球場跡」と書かれたままであった。

地図


2番出口を出ると、すぐ脇にキューズモールが。

地下鉄森ノ宮駅


そして駅前の舗道の敷石を見ると、14年前に来た時と同じく球場をデザインしたものが残されていた。

敷石1


しかもキューズモールの敷地内にも同じデザインの敷石が。舗道のものとは明らかに色が違うので、同じデザインの敷石を新たに制作したのだと思われる。

敷石2


では、キューズモールへ。

キューズモール


案内図はこちら。

Information案内図


入るとすぐに「BASEパーク」と名付けられた人工芝の広場が。

BASEパーク1


見ればすぐにわかる通り、これは野球場を模した作りになっている。

BASEパーク2BASEパーク3


これはピッチャーズプレート。

ピッチャーズプレート


そしてホームベース。

ホームベース


しかしながら板を埋め込んであるわけではなくて、芝生の上に描かれただけの代物であった。

2階部分から俯瞰するとこんな感じ。プレートの場所も実際の日生球場時代とは全く違う場所である。

BASEパーク4


続いて昔の球場正面だった場所へ。

元球場正面1


この写真のあたりはこのへんだろうか?

元球場正面2


ここから旧一塁側方向へ歩いてみる。当時とは全く別物だろうが、この石積み風の造りはなんとなく日生球場っぽい感じ。

外周


さて、再びキューズモール内へ。この施設の一番の特徴である「エアトラック」に上ってみた。これは複数の建物の屋上をつないてランニングトラックを作っもので、商業施設としては日本初だそうである。

エアトラックエアトラック2エアトラック3


ちなみにエアトラックの内側にはフットサルコートが。

フットサルパーク


走行専用レーンと歩行専用レーンが分かれていたが、この日ランニングしている人は見掛けなかった。

エアトラック4


エアトラックからは大阪城が望めた。

大阪城




ここいらで休憩を。ということでたまたま目についた「まちライブラリー」という店へ。

まちライブラリー


これはライブラリーにカフェ、FM局のサテライトブース、キッズスペースが併設された新しいスタイルのコミュニティ・ライブラリーだそうである。

黒板


すると店内の書棚にこんなコーナーが。しかしあいにく日生球場関係の図書は無し。これとかこれとかでも置けばいいのに。

日生球場及び周辺地域のおもいで


Posted by daramu at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)野球雑記 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daramu/52332295