2017年07月05日

オリックス−ロッテ(京セラドーム大阪)

京セラドーム大阪本日のイベント


こちらからの続き。天王寺から地下鉄でドーム前千代崎へ。

ドーム前千代崎駅1




駅構内は2年前と変わらずにバファローズモード。

ドーム前千代崎駅2ドーム前千代崎駅3ドーム前千代崎駅4


ドーム前千代崎駅5ドーム前千代崎駅6


京セラドームに到着。

KYOCERA DOME OSAKA


さっそくチケダスでチケットを発券。

チケダス


今回は特別中央指定席をネットで予約済み。

チケット


平日の座席図と価格。

平日チケット


ところで今まで気付かなかったけど、ドーム内に昔からこんな表示があったっけ?

第二種大規模小売店舗


ドーム内に貼ってあった一軍と二軍の旅程表。鹿児島→静岡はローカル便を使っていたり、二軍の名古屋への移動は「各自」と書かれていたりしてなかなか興味深い。

旅程表


さて、まずは「Bs SHOP」へ。

Bs SHOP


KANSAI CLASSIC 2017」が近いので、こんなTシャツが展示されていた。

復刻グッズ


これらはTシャツ付きチケットの特典らしい。

告知KANSAI CLASSIC 2017


キャップ売場。

キャップ売場キャップ


昨年のサードユニフォームのキャップがまだ売られてたけど、これって近鉄のこれにそっくりだよな。

サードキャップ


こちらは今年のサードユニフォーム用のキャップ。

OB


80周年記念メモリアルキャップのコーナー。

80周年記念メモリアルキャップ


復刻されたキャップは全部で7種類。

1936年モデル1947年モデル1960年モデル


1969年モデル1975&1980年モデル


1984年モデル1989年モデル


こちらはブルーウェーブと近鉄の復刻グッズ。

ブルーウェーブ・近鉄グッズ


ブレーブスの復刻ユニフォーム。これは前述の復刻キャップと年代が対応しているようだ。

ブレーブスユニフォーム


エースコックとコラボレーションしたこぶたコラボグッズ。これは3月26日に行われた阪神とのオープン戦が「エースコック クックハピネスマッチ!」として開催されたことによるものらしい。

こぶたコラボエースコックコラボ


コラボ商品の中にはカップめんも。

いてまえワンタンメン


続いて「Bs SQUARE」へ。

Bs SQUARE


2年前に来た時とは3Dアートが変更されていた。

3Dアートを体験!!


3Dアート1-13Dアート1-2


3Dアート2-13Dアート2-2


3Dアート3-13Dアート3-2


そしてダッグアウトからは2年前にはあった森脇監督の姿が当然ながら消えていた。

ダッグアウト


最近出番の減った伊藤は健在。

バッターボックス


タイトルホルダーのコーナーも、2年前に有った糸井と坂口、そして小松が外されていた。

タイトルホルダー1タイトルホルダー2タイトルホルダー3


こちらは2年前には無かった球団通算8000号本塁打、球団通算5000勝、球団通算公式戦10000試合の記念ボール。

記念ボール


選手パネルは吉田正尚、安達了一、平野佳寿、金子千尋の4体。

吉田正尚安達了一


平野佳寿金子千尋


続いて球団の歴史を展示したコーナーへ。

Bs SQUARE1


…だったはずが商品が置かれるようになって展示が隠れちゃってるよ。

Bs SQUARE2Bs SQUARE3


2年前にはたしか無かったイチローのMLB3球団のユニフォーム。

イチロー


触れることの出来るグローブ類は、現在安逹、伊東、比嘉、西の4選手のものを展示。

グローブ類


安逹伊藤


比嘉西


さて、そろそろ客席へ。するとバファローブルに遭遇。

バファローブル


バファローブルからミニ日程を手渡された。

ミニ日程表


さっそくネット裏ラウンジへ。

ラウンジ入口


ここでチケットを見せてリストバンドを手首に装着。

リストバンド


入場時に貰った「Bs TIME」とミニ日程表。日程表はバファローブルから貰ったものとは表紙違い。

Bs TIME等


ネット裏ラウンジの利用方法。

ご利用方法


料理の置かれたバイキングエリアは一塁側、三塁側にそれぞれ1箇所ずつ。

三塁側料理コーナー一塁側料理コーナー


食器類。

皿箸類


こちらはスタンド席への持ち出し専用容器。

持ち出し専用容器


料理の提供は7回裏終了まで。

7回裏で終了


以下料理類を一通り。

コッペパン、ボイルソーセージ、枝豆にマスタードとケチャップ。

コッペパン・ボイルソーセージ・枝豆


フライドポテトと鶏の唐揚げ。

フライドポテトと鶏の唐揚げ


たこ焼きと串カツが有るのが大阪らしい。

たこ焼きと串カツ


シーフードとハンプキンのグラタン。

シーフードとハンプキンのグラタン


鮭炒飯。

鮭炒飯


ライスとカレールー。

ライスとカレー


コーンスープ。

コーンスープ


サラダコーナー。

サラダコーナーサラダ


こちらは三塁側のサラダコーナー。

サラダ類1サラダ類2


デザートはいちごムース。

いちごムース


ソフトドリンクのサーバー。

ドリンク類


こちらは有料のビール売場。

ビール売場


とりあえず第一陣はこんな感じで。

料理1


後で気付いたけど、このコッペパンとソーセージってセルフでホットドッグを作るものだったんだな。

コッペパン・ボイルソーセージ・枝豆


ということで後でコーヒーとともにホットドッグを。

ホットドッグとコーヒー


ラウンジ内の客席。

ラウンジ1ラウンジ2ラウンジ3


ラウンジ4ラウンジ5ラウンジ6


ラウンジ7ラウンジ8


この中でこのモニター付きのセミコンパートメントが一番の特等席か。なお、ガラス越しの場所は場内音声が聞こえないので、ちょっと臨場感に欠ける感じであった。

ラウンジ9


ではそろそろスタンド席へ向かおう。ということで持ち出し専用カップでオレンジジュースを。

持ち出し専用カップオレンジジュース


なお、ラウンジの料理を自分の席まで運んでくれるデリバリーサービスも有り。ドリンクに関しては、係員がスタンドを巡回してのサービスも行われていた。

デリバリーサービス(表)デリバリーサービス(裏)


特別中央指定席は、シーズンシートだとスーパーエグゼクティブシートに相当する座席。

スーパーエグゼクティブシート


どうやらその一部(売れ残り?)を特別中央指定席として一般販売しているようだ。

17-1212-14


こちらはネット裏最前部のエクセレントシート。シーズンシートのみの販売のようで、2席で130万円(税別)らしい。

エクセレントシート


本日のスタメン。

スタメン


プレイボール。これが今シーズン初観戦。

プレイボール


いろいろな角度からグラウンドを望む。

三塁側からライト側からセンターから


2年前に来た時には敷かれていた上階席の巨大な広告は、今回は無くなっていた。

上階席1上階席2


このへんで場内を探索。

現行ユニフォームの展示コーナー。

展示ユニフォーム


「ART OF Bs THE GAME」という写真展のコーナー。

ART OF Bs THE GAME1ART OF Bs THE GAME2ART OF Bs THE GAME3


通路32のほうの展示は、ファンクラブの受付が邪魔に。

ART OF Bs THE GAME4


こちらは今年開設された舞洲の二軍施設を紹介するコーナー。

BUFFALOES×MAISHIMA1BUFFALOES×MAISHIMA2BUFFALOES×MAISHIMA3


続いて飲食の売店を見てみよう。まずは3階から。

3F


なにわのきっちん丸善


みーとかーにばるTen Player


「いてまえドッグ」っていつの間にか店舗名になったんだね。

いてまえドッグ


こちらの売店では選手プロデュースメニュー「オリごはん」を販売。

GLOBE BOWL


メニューは月替わり。選手プロデュースメニューは以前から販売していたが、今年から「オリごはん」と銘打つようになったらしい。

4月のオリごはん


4月のラインナップはこんな感じ。

オリごはん1オリごはん2オリごはん3


この中から同行者が、駿太プロデュースの「オリ姫のかぼちゃあんティラミス」を購入。

駿太オリ姫のかぼちゃあんティラミス


レジ前には駿太のサイン色紙が置かれていた。

サイン色紙


飲み放題付きチケットの案内。

飲み放題付きチケット


飲み放題コーナー。なんでもこの後に行われた阪神戦で、こんなことが有ったそうな。

飲み放題付きチケット受付飲み放題窓口貼り紙


スタンド内売り子のメニュー。

スタンド内売り子ドリンク販売


弁当売場。

スタ弁スタ弁メニュー


続いて5階へ。

5F


売店のご案内きばりや


こちらの売店では、マリーンズのメニューを販売。

SweePメニュー


角瓶を使った「角中ハイボール」なんてのも。

千葉ロッテ飲食メニュー販売


外野席の「Bs BEER BAR」。

Bs BEER BAR


2017 Bsビアバー


ネット裏ラウンジへ戻って、料理の続きを。

カレーライス料理2


試合はオリックスの大勝に終わる。

ファイナルスコア


オリックス11-1ロッテ
観衆:15281人、時間:2時間46分
○ディクソン2勝0敗0S ●石川0勝2敗0S S−
本塁打:−

Posted by daramu at 16:50│Comments(0)生観戦 | ・2017年