2019年08月09日

山下達郎 「PERFORMANCE 2019」(中野サンプラザ)

今年も山下達郎のツアーへ。

山下達郎 PERFORMANCE 2019


会場は昨年に続いての中野サンプラザ。達郎の気管支炎のため7月12〜13日のサンプラザ公演は中止になってしまったが、今回は無事に行われるようで一安心。

中野サンプラザ



開場前にグッズの先行販売があるようなので、とりあえず場内へ。

グッズ先行販売


グッズのラインナップ。

グッズ


売場のそばには商品のサンプルも。


サンプル1


こちらはフェイスタオルとTシャツのサンプル。

サンプル2


バンドメンバーのCD類の販売も有り。

バンドメンバーCD/DVD


今回購入したのはツアーパンフの他に、ついに立体化されたとり・みきのキャラクター「タクローくん」のぬいぐるみ。全長12cmと小ぶりな作りであった。

タツローくんぬいぐるみ1タツローくんぬいぐるみ2


そして菓子類は煎餅タツローくんクッキー缶金達郎飴に続く第4弾の「ドリーミンマシュマロ」を購入。

ドリーミンマシュマロ1ドリーミンマシュマロ2


中身はイラストがプリントされたチョコレートの入りのマシュマロが6個。

ドリーミンマシュマロ3


このあと一旦夕食を食べたあとに再入場。入場時、本人確認を受けてバンドを腕に。

リストバンド


ロビーに並べられた花を見ると、今回はジャニーズ系からのものが見当たらなかった。これはちょうど1ヶ月前に死去したジャニー喜多川氏の件と何か関係があるのだろうか?

花


こちらはナイアガラ・エンタープライズからの花。

ザ・ナイアガラ・エンタープライズ


ここで初めてチケットの座席を確認すると、なんと1階の最前列ではないか!

チケット


座席図はこちら。ちなみに中央部の前から4列は可動席で、この日は不使用であった。

1階座席図


<セットリスト>

1.SPARKLE
2.あまく危険な香り
3.ドーナツ・ソング
4.土曜日の恋人
5.Paper Doll
6.FUTARI
7.サウスバウンド No.9
8.君は天然色
9.REBORN
10.セールスマンズ・ロンリネス
11.La Vie En Rose
12.Bella Notte
13.Have Yourself A Merry Little Christmas
14.クリスマス・イブ
15.<メドレー>蒼氓〜People Get Ready〜Blowin' In The Wind〜希望という名の光〜蒼氓
16.Get Back In Love
17.BOMBER
18.LET'S DANCE BABY
19.ハイティーン・ブギ
20.<メドレー>アトムの子〜アンパンマンのマーチ〜アトムの子

アンコール

21.プラスティック・ラブ
22.硝子の少年(ワンコーラス)
23.Ride On Time
24.Down Town
25.YOUR EYES


開演は18時39分頃で終演は21時51分頃と、今回も3時間超のライブであった。

以下、MCの内容や気づいたことを箇条書きで。

●「サウスバウンド No.9」は今まではライブでの再現は不可能であったが、最近のテクノロジーの進化で出来るようになった。
●「君は天然色 」をカバーしたのは、昔大滝詠一らとカラオケに行った時に歌ったら、大滝から「この曲はお前にやる」と言われたことを最近思い出したから。また、自分はこの曲を歌うのに現在一番ふさわしい人間だという自負もあるということも。3番のサビを2回繰り返したのと、エンディング以外はほぼ完コピであった。1回聴いただけで終わってしまうのは非常に残念なので、何らかの形で商品化してほしいものである。
●「セールスマンズ・ロンリネス」は、娘が小さい頃に一緒に「モスバーガー」に行った時に店内にいたサラリーマンがモデル。
●「BOMBER」はたまたまレコード屋で遭遇した30歳のアメリカ人に、「是非次のツアーで演ってくれ」と言われたのでセットリストに入れた。
●「LET'S DANCE BABY」は途中に、不思議なピーチパイ 〜もう一度〜けんかをやめて〜リンダ〜純愛ラプソディ〜毎日がスペシャル〜すてきなホリデイ〜元気を出してなどを挿入。これは竹内まりやのデビュー40周年を記念してか。
●「アトムの子」は途中にアンパンマンのマーチを挿入。その時には、バックにアンパンマンのアニメ映像が流れた。
●「Ride On Time」でのオフマイクは健在。
●来年はツアーをやらない。理由の第一は東京オリンピックのため交通や宿泊に不都合が生じるおそれがあるため。
●今回は最前列だったので持参した双眼鏡は使わず。しかしこれだけ近いと、こちらも達郎から見られてるようで、なんだか気が抜けなかった(笑)。
Posted by daramu at 00:00│Comments(0) 音楽